マップ

MEOコラム

YahooプレイスとGoogleビジネスプロフィールの違い

GoogleビジネスプロフィールとYahooプレイスの違いについて、その差を明確に理解している方は少ないのではないでしょうか?
たしかに大きな機能としてはさほど違いはありませんが、細かい部分では多くの違いがあります。
本記事では、GoogleビジネスプロフィールとYahoo!プレイスの違いについて解説します。

YahooプレイスとGoogleビジネスプロフィールの違い

Yahooプレイスとは、Yahoo! JAPANが運営しているYahooマップ・Yahooロコの施設情報を登録・管理するためのツールです。
当然ながら登録した情報はYahooマップ上に表示されるようになります。

Googleビジネスプロフィールは、Googleが運営しているGoogleMapの店舗情報(ビジネスリスティング)を登録・管理するためのツールです。
以前はGoogleマイビジネスと呼ばれていましたが、現在ではGoogleビジネスプロフィールに呼称が変わっています。

Yahoo!の検索エンジンはGoogleの検索エンジンを利用していますが、地図に関してはそれぞれ別のシステムを使っているため、店舗、施設情報を登録・管理するツールが異なっています。
どちらも店舗情報の登録や管理ができるツールという点では同じですが、使い方や表示される情報については異なる部分があります。

費用面での違い

GoogleビジネスプロフィールとYahooプレイスは、いずれも基本的なサービスについては無料で提供されています。
そのため、ビジネスオーナーは自分のビジネスの名前や場所、営業時間、連絡先情報などといった基本的な情報について、無料で公開することができます。

ただし、Googleビジネスプロフィール、Yahooプレイスともに、さらなる効果を得たい人に向けて有料の広告オプションを用意しています。
例えば、Google広告を使用すれば、特定の検索キーワードで自分のビジネスをGoogleMap内で上位に表示させることが可能です。同様に、Yahoo! JAPANでも有料広告サービスを提供しています。

したがって、基本的なビジネス情報の公開については無料ですが、さらに露出度を高めたい・集客効果を高めたい場合は追加の広告費用が発生することがあると言えます。
なお、その費用は一律ではなく、広告の種類、期間、ターゲットなどにより異なります。

機能面での違い

大まかな機能については大差はありません。
ただし、店舗情報の記載に関して、Yahooプレイスでは「駐車場の有無」や「喫煙の有無」などを細かく指定することができます。
その他にも、「カテゴリ」によっては、特化した詳細情報を入力することができます。
例えば、美容院であれば「スタイリスト」「ヘアスタイル」を表示させることができます。

また、今後Yahooプレイスは店舗ページからLINE公式の登録ができるようになるなど、Googleには出来ない独自の機能が追加される予定となっています。

Googleビジネスプロフィールは、世界中で提供されるサービスということもあって、日本独自の文化に追い付いていない側面が散見されます。
例えば、上記のような駐車場情報や喫煙情報を指定することはできません。
しかし逆に言うと世界的にシェアを持ったサービスになるので、海外から来る方に対して周知を行いたいといった場合には、YahooプレイスよりもGoogleビジネスプロフィールの方がはるかに効果は高いです。

管理画面の違い

Googleビジネスプロフィールの管理画面は、Googleビジネスプロフィールマネージャーで管理され、ビジネスの基本情報(名前、住所、営業時間等)の更新はもちろん、顧客からのレビューへの返信、写真やビデオの投稿、新しいサービスやイベントの情報の追加などが可能です。
さらに、Googleビジネスプロフィールでは、どのように顧客がビジネスを検索し、どのような行動を取っているのかについての統計データも提供されます。

Yahooプレイスの管理画面では、基本的なビジネス情報(名前、住所、営業時間等)の更新、写真の追加、ユーザーからのレビューへの対応などが行えます。
Googleビジネスプロフィールに比べて分析データはより直感的に見やすく設計されています。

上位表示の方法の違い

GoogleビジネスプロフィールとYahooプレイスにおいて、上位表示を行うためには、それぞれのプラットフォームの特性に合わせてMEO対策を行う必要があります。

Googleビジネスプロフィールでランキングが決定される仕組みは以下の3つです。

  • 関連性
  • 距離
  • 視認性の高さ

対して、Yahooプレイスでランキングが決定される仕組みは以下の通りです。

  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索キーワードから推測されるお客様の目的・意図
  • 検索キーワードで指定した場所や現在地からの距離
  • 店舗に対する評価
  • 店舗に関するお客様の反応
  • 店舗の情報量等の要素

まとめ

YahooプレイスとGoogleビジネスプロフィールは、どちらも店舗ビジネスにとってとても重要なツールです。
それぞれが提供する機能と利点を理解し、それらを最大限に活用することが来店数の向上やユーザーの満足度向上に重要です。

特に、これらのサービスはどちらも無料で利用できるため、どちらか一方を選ぶ必要はありません。
それぞれのプラットフォームが持つ特性を理解し、両方を利用することで、より広範なユーザーにアピールし、店舗集客を強化することが可能です。
また、どちらにもそれぞれ特徴があるので、使用方法や上位表示の対策を効果的に使い分けていくことが重要です。

事業者情報

栃木県宇都宮市のホームページ制作・SEO対策ならオフィスヒマジ
電話番号:090-3348-6958
メールアドレス:info@himaji.net
公式LINE:https://lin.ee/b4E5WF2
アクセス:〒321-0135
栃木県宇都宮市五代3-10-7

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

「#ホームページ集客」人気ブログランキング

-MEOコラム